慣らし仕上げツーリング 乗鞍で1000kmに達するのこと

日月と、慣らしの仕上げに信州は松本平から乗鞍高原に行って参りました。

日曜は雨という予報もあったものの、起きてみたら
好き日にございます☆

バイク 2010 04 モンスター796

もっとも晴れてると暑くてかなわんのだが、そこわそれ、えっちらおっちらと中央道を下ります。下りなのに標高はがんがん上がっているとはこれいかに(^^;

標高はあがっても、甲府あたりはガッツリと暑いです
さすが暑くて有名な甲府盆地です。こんだけ暑いからこそ葡萄が美味いって話ですね。葡萄狩りってはやったことないですが、一度はやってみたいもんです。

甲府で東京から100kmぐらいなんで、ここらで休憩したいとこですが、なんせ暑いんで、ここで止まっても全然休憩にならん!
ってことで、甲府盆地からちと上がった八ヶ岳PAで一休み。
ここはその名の通り、八ヶ岳が一望できます(写真左の遠方)。
もうちっと甲府寄りから見たほうが、山がとげとげした感じで八ヶ岳らしいですけどね。

こっから先、小淵沢を越えて長野県に入ると、風がひんやりしてきます。相変わらず陽射しはきついが、湿度が下がってくるので、走って風を受けているとけっこう爽やか

松本ICで降りて進路を西に。いわゆる上高地線ってやつを走る。3000m級の山が迫ってきてドキドキしますな

安曇野を駆け抜けて標高を上げていくと、ええ感じのワインディングになりますが、観光名所上高地に続く一本道なので、観光バスが多くてペースは上がりません泣
まあ、慣らしなんでそのペースで全然いいんですけどね。

気圧が下がって鼓膜がキンとしてくるけど、エンジンには影響なし。キャブ車のときは、若干燃調が濃くなって回りが気持ち重いかなという気がしたけど、最新型のインジェクションってのは、気圧変化にも追従するようになってるのでしょうか? ええ感じで回っとりました♪

途中、三つあるダムの真ん中のやつの脇に道の駅があるので一服。水道の水の美味さに感動する。ただの水が一番うめ~
信州に来たと実感しますな☆

しかしこの先雲行きが怪しくなってくる。下界はドッピーカン(死語?)だったのになぁ。山の天気は変わりやすいです泣泣

上高地線から枝分かれする、乗鞍行きの道は意外と空いてたので、ペースを上げる。慣らしの範囲内でも気持ち良く走れるええエンジンです。
この手のスーパースポーツの4気筒の高回転型エンジンだと、低い回転で地味に引っ張るのはあまり面白くなくて、狙っただけのトルクが出なかったり出すぎたりするもんですが、1000RRのエンジンはなんつーかエンジンが撓る感じで、低い回転でもよくトラクションが効きます。
実際に撓ってるのは、ホイールのダンパーやタイヤなのかも知れないけど、感覚的にエンジンが撓って路面を掴んでいるような感じがする。

九十九折の峠道を、3速4000回転ぐらいでこりゃ気持ちええ~と戯れながら登っていくと、あっというまに目標の三本滝レストハウスに到着。乗鞍は、ふた昔ほど前までは頂上付近まで車で入れたけど、今は乗鞍スキー場の一番上のレストハウスまでがマイカーが入れる上限。
(写真中央)

ここでメーターを見たら、おやおや、いつの間にか1000km越えてました
慣らし終了です。
(写真右)

バイク 買取

お疲れさんでした~
でもツーリングはまだまだ続く。。。

Link List